88ハウスは、4WD部品を中心とした開発・製造・販売を展開しております。

カテゴリ一覧

HOME ≫  ジャンプスターター≫  マルチファンクションジャンプスターター ITO-32000

ハチハチハウス・マルチファンクションジャンプスターター ITO-32000

マルチファンクションジャンプスターターITO-32000

マルチファンクションジャンプスターター ITO-32000

大容量32000mAhで、コンパクトなITO-32000は本格的なジャンプスターターです!寿命の長いリン酸鉄リチウム電池を採用しました。リン酸鉄リチウム電池は一般のリチウム電池(コバルト)に比べ熱分解温度が高いため安全性に優れています。

リン酸鉄リチウム電池採用

リン酸鉄リチウム電池なので

  • ●安全 <燃える事がありません>
  • ●長寿命 <メモリー効果なし>
  • ●ハイパワー <高い熱安定性>

リン酸鉄リチウム電池は一般のリチウム電池(コバルト)に比べ、熱分解温度が高いので安定性があります。そのため寿命が長く、安全性の高い夢の電池です!温度や衝撃に強く放電性も低いので、 プロ用途だけでなくホビー(一般使用)としても最適にご使用いただけます。

<特徴>・高い熱安定性・超充放電サイクル・5倍以上の寿命・メモリー効果無し・低待機電力消費

安全装置

最新モデルは様々な安全装置を内蔵する事でより長く
使っていただける様になっています。

  • ・プラス側クランプのON/OFF機能
  • ・連続使用時の緊急停止とカウントダウン機能
  • ・車両ACC時に接続したときの緊急停止機能

など、うっかりを事前にお知らせしてくれる機能が満載です。

※弊社オリジナル仕様のため、
類似商品には装備されていま
せん。
機能が強化されてもプラス/
マイナスの逆接続は故障の原因と
なりますので十二分にご注意ください。

便利なデジタルディスプレイ表示

バッテリーの残量や、警告等、状況が一目で分るデジタルディスプレイ表示を採用しました。プラス、マイナスの逆接/充電量/保護回路の確認等様々な状態を表示してくれます。

  1. 充電量
  2. 充電中
  3. ライト点灯
  4. USB出力
  5. 12Vor24Vジャンプスタート
  6. 緊急停止
  7. 要充電表示
  8. 逆接続警告
  9. 安全装置作動

マルチファンクションタイプ

ジャンプのためのパワーソースとして使用するのに十二分な大容量の36,000mAhを、マルチファンクションタイプとしたことで、様々な用途に使用することができます。特にUSBは2.1Aもの出力があるので、最新のスマホにも対応!12Vの出力はOBDバックアップソケットを使用したり、12Vの様々なアクセサリーを稼働させる事ができます。また、搭載のLEDライトは夜間や雨の日の急な作業の必需品です。
※12Vアクセサリー出力は0.05A以下になると30秒で電源を落とします。

 

商品説明/構成品

マルチファンクションジャンプスターター

マルチファンクションジャンプスターター
ITO-32000
価格 68,000円(税抜)

構成品

本体、家庭用充電器、USB充電ケーブル

製品スペック
製品名 マルチファンクションジャンプスターター ITO-32000
品 番 L1614
容 量 32,000mAh
出 力 出力口参照
入 力 5V/1A
充 電 約10時間(0%から)
スタート電流 12V/600A 24V/300A
ピーク電流 12V/1200A 24V/600A
使用温度範囲 -20~60℃
バッテリー リン酸鉄リチウム(FePO4)
寸 法 292mm × 233mm × 79mm
重 量 2700g
販売価格 68,000円(税抜)
  • ※ 本体の仕様、価格は予告なく変更する場合がございます。
セット内容
家庭用充電器・USB充電ケーブル・取扱説明書
充電環境
  • ・家庭用100Vコンセント
出力口(出力サポート)
  • ・12V/24Vジャンプスタータークランプ
  • ・12V/10Aアクセサリー(0.005A以下は30秒で電源を落とします)
  • ・USB:5V/2.1A、5V/1A
注意事項
①バッテリーについて
本体に内蔵されているバッテリーは消耗品です。バッテリーは保証対象外となりますので、ご了承ください。
②スタートできる期間について
カタログデーターは全て新品による目安です。電池は使用頻度により劣化していきますので、これを永年保証するものではありません。
③スタートできる最大排気量について
ディーゼル車13000ccで確認を取っていますが、セルモーターの容量によって異なりますのでご注意ください。
④免責、重要事項について
購入前には必ず商品の共通の免責、重要事項をお読みください。